ゾーンスキャルFX 一般社団法人日本投資家育成機構 実態はどうなの?

ゾーンスキャルFX FX
ゾーンスキャルFX

管理人のカラスです。

【FX】・・ホント!魅力的ですよね。

ネットで様々な商材を紹介していますが「これってどうなの?」という方に参考になればとの思いで切り込んで参ります。

さて今回は『ゾーンスキャルFX』という商材について取り上げたいと思います。

特定商取引に基づく表記

販売業者 一般社団法人日本投資家育成
運営責任者 鈴木克佳
所在地 〒130-0013 東京都墨田区錦糸一丁目2番1号
電話番号 03-5244-5337
メールアドレス info@zonescal-fx.com

*『特定商取引に基づく表記』では必ず事業者名や代表者名、住所や電話番号など連絡先の表記が義務づけられています。

販売価格

109,780円

ネタバレ・評判・評価

参考にできるコメントを何点か抜粋してみました。

商材の内容としてはほとんどが講義なので、まず勉強が必要となります。
そこで学んで、専用ツールを活用して裁量トレードを行うということになりますので、
スタートまでに時間がかかりますし、挫折して結局諦めてしまう可能性が高いです。

また、裁量トレードのため副業にも向いていないです
仕事がない隙間時間にチャートを監視しておく必要があります。
そして、ツールが教えてくれたサインが出たタイミングでのエントリーが必要となるためタイミングが合わなければ厳しいです。

出典元:https://valleykid.xsrv.jp/review/0002.html#i-4

スキャルピングにしては、トレード期間に対して

公開されている取引が少なすぎますし

良い所だけを切り取って掲載していることがわかりますね。

参考程度にもならない、このわずかな運用実績だけで

FX-Katsu氏は『年収1億円クラスの驚異的な稼ぎ方!』と豪語していますが

はっきりいって、そういうことはもう少しマシなデータを

開示してから言ってほしいものです。

出典元:http://www.bakuroita.com/201807/kz7tucl.html

マーケットに参加する群衆の心理がチャートに反映されるからこそダウ理論やラインが有効に作用するわけですね。群集心理を正しく理解するには、群衆と同じようにチャートを眺めることが求められます。ならばラインをこねくり回して独自の環境認識を行うよりも、大衆と同じラインをシンプルに引くほうが優位性は高いといえるのではないでしょうか。

出典元:https://fxinspect.com/archives/19134#fx-3

結局普通のダウ理論になっちゃいますが…安値にもライン引いたほうが安定したトレードできます…。

やっぱり高値にライン引くだけじゃトレンドを判断しにくいですし、決済時も迷います。

もうそうなるとゾーンスキャルFXを買う必要なかったなと。

高い授業料になりました…。

出典元:https://usa-money21.com/%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%ABfx/

まとめ

販売ページに実績データが掲載されていますが、期間が短すぎる上にほとんどの情報が見れなくなっています。これをどうやって信用すればいいのでしょうか…。

また、ロジックも直近高値にラインを引いたゾーンでトレードしても決して優位性があるトレードをすることは出来ませんし、付属のインジケーターを利用したところで同じでしょう。

裁量トレードなので初心者の方が訓練が必要ですが、そもそも優位性がないロジックを勉強しても何も得られないどころか、大切な時間とお金の両方を失うことになると思います。

以上の点からやはり、推奨はできません。

企業販売でも個人販売でも営利目的であって何の面識の無い他人を稼がせたいと思うでしょうか?あたかも素晴らしい商材と煽り、訪問者の購買意欲をかきたてる事を第一に考えてるはずです。

よって、楽に勝てる夢のような手法なんて簡単には見つからないのが現実です。

くれぐれも怪しい投資案件に大切なお金や時間を失わないようまずは正しい情報を得て行動に移して下さい。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

管理人 カラス

タイトルとURLをコピーしました